赤ちゃんを襲うアトピーの正体|しっかりケアしよう

特徴と人気のケア

赤ちゃん

特徴と原因

赤ちゃんの肌は大人よりも薄くデリケートなため、肌のバリア機能が低下しやすく肌トラブルになりやすいという特徴があります。特に多いのがアトピー性皮膚炎です。湿疹がひどくてかゆみなどの症状も引き起こるため、赤ちゃんのことが心配という母親も多いです。皮膚の汚れなどが原因で引き起こされる乳児湿疹とは異なり、アトピー性皮膚炎はアレルギー反応が皮膚に出てしまう症状です。特定の食物アレルギーによるものや汗、寒暖差などが原因によって引き起こされます。頭部や顔、耳の後ろ、ひじやひざ裏など皮膚の柔らかい部分に湿疹ができます。慢性的な症状のため、よくなったり悪くなったり繰り返します。乳児湿疹と間違えやすいため、しっかり赤ちゃんの様子を見て対処することが大切です。

人気のケア方法とは

赤ちゃんのアトピーは、乳児湿疹のケアを行っても症状が良くならない、悪化してしまったというケースの場合はアトピーだと判断されます。その場合には小児科や皮膚科を受診して対処していきます。自宅での対策としてはスキンケアとアレルギー物質の排除が重要です。アレルギーの原因となる食べ物を避けながら、石鹸などで肌を清潔に保つようにして、石鹸やシャンプーなどが濯ぎ残しないように綺麗にしていきます。入浴後のスキンケアも肌の調子を整えることも必要で、低刺激のベビーローションや保湿クリームでの保湿していきます。人間の皮膚の中にある潤い成分であるセラミドも少ないため、セラミドが配合されているものでのケアが人気となっています。保湿はこまめに行うと効果的で、1日に4〜5回ほど塗ると良いとされています。

育児のサポートアイテム

ベイビー

ベビーカー選びは乗る幼児にとっても乗せる親にとっても大事です。幼児の側にしてみれば体に合わないベビーカーに乗せられるのはとても不快です。また、親もデザイン性ばかりを追求せずに機能性を求めなくてはいけません。ベビーカーはファッションではなく、育児をサポートするアイテムなのですから。

ベビー向けの紫外線対策

レディとベビー

将来の皮膚癌発症リスクを下げる目的で、赤ちゃんに日焼け止めを塗ってあげましょう。世界保健機関も日焼けが皮膚癌発症リスクを上昇させるため、赤ちゃんの紫外線対策が欠かせないと発表しています。日焼け止めは石鹸だけで落とせるタイプが便利です。

安全な水を飲むために

サーバー

一般家庭に供給されているウォーターサーバーは、軟水のものが多く、サーバーのデザインもオシャレになっているため、人気が高まっています。また、赤ちゃんのいる家庭にも需要が高く、ミルクや離乳食作りを目的として利用されていることが多いです。